, コンテンツにスキップする

蘭ASMLの1-3月売上高見通し、予想上回る-自社株買いも計画

  • 売上高見通しは39億-41億ユーロ、アナリスト予想35.2億ユーロ
  • 粗利益率51%見通し、市場予想49.3%-半導体不足でコロナ禍しのぐ

オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングの1-3月(第1四半期)の売上高見通しはアナリスト予想を上回った。1-3月の自社株買い戻し計画も明らかにした。同社は韓国サムスン電子や台湾積体電路製造(TSMC)への重要なサプライヤー。

  20日の発表によると、1-3月の売上高は39億-41億ユーロ(約4920億-5170億円)、粗利益率は最高51%を見込む。アナリスト予想は売上高が35億2000万ユーロ、粗利益率が49.3%だった。

  インテルやサムスン、TSMCなどの顧客がより高速で低価格、高効率の半導体を製造するためASMLの製品を必要とするため、同社は新型コロナウイルス禍から比較的守られている。世界的な半導体不足で半導体メーカーは生産を増やしている。

  ASMLの株価は過去1年に約63%上昇した。

EUV monopoly boosts stock

原題:
ASML Sales Burst Past Estimates After Chip Boom Continues (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE