, コンテンツにスキップする

バイデン次期米政権の運輸チーム、航空業界再建の委員会創設を検討

  • 業界団体A4A、委員会創設に支持表明-次期運輸長官宛て書簡
  • 航空管制システム効率化や連邦政府のコロナ対策の標準化など要望

バイデン次期大統領は航空業界の経営再建委員会の設置を検討している。

  米航空業界団体エアラインズ・フォー・アメリカ(A4A)によると、バイデン政権の運輸チームは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で急激に業績が落ち込んだ航空業界の回復を支援する取り組みを導く新たな委員会の創設を検討中だ。

  次期運輸長官に指名されているピート・ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長宛てのA4Aの書簡によれば、この委員会は政府と航空会社、旅行業界、労働組合の担当者で構成され、科学や衛生分野の関連団体からアドバイザーも招く。

  A4Aは12ページにわたる書簡で、委員会の設置を支持すると表明。航空管制システムの効率化や新型コロナに関する連邦政府の政策標準化など幅広い要望のリストを示した。

  バイデン政権移行チームに取材を試みたが、現時点で返答はない。

原題:
Biden Considering Airline Recovery Board: Inaugural Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE