, コンテンツにスキップする

Photographer: Liesa Johannssen-Koppitz/Bloomberg

cojp

ドイツ、コロナ制限措置を延長・強化-メルケル氏が州首相と合意

  • 小売店の休業などロックダウンを2月14日まで延長
  • 変異ウイルスのリスク食い止めるため「今行動する必要」-首相
relates to ドイツ、コロナ制限措置を延長・強化-メルケル氏が州首相と合意

Photographer: Liesa Johannssen-Koppitz/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ドイツのメルケル首相と16の連邦州の首相は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるため制限措置の延長と強化で合意した。

  必需品を取り扱う店舗以外の小売店の休業や感染の深刻な地域での移動制限を含むロックダウン(都市封鎖)を2月14日まで延長する。個別の措置はさらに厳格化されたが、フランスのように全国的な外出禁止を打ち出すまでには至らなかった。

  メルケル首相はビデオ会議での7時間超の緊迫した協議後の記者会見で、「時間が有り余っているわけではない」と指摘。新たな変異ウイルスがもたらすリスクを食い止めるため「今行動する必要がある」と述べた。

  同首相は規制強化を主張してきたが、一部の州首相が抵抗していた。

Stubborn Outbreak

Germany has struggled to contain the spread of the coronavirus

Source: Robert Koch Institute

英国の新型コロナ変異種、なぜ警戒されているのか-QuickTake

原題:Merkel Strikes Deal to Extend and Tighten German Virus Curbs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE