, コンテンツにスキップする

モデルナ株急落、カリフォルニア州がワクチン配布の一時停止を勧告

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

19日の米株式市場で、モデルナが一時7.1%安。カリフォルニア州の疫学者が同社の新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチン配布を一時停止するよう勧告した。「重度」のアレルギー反応とみられる件数増加が報告されたことを受けた措置。

  疫学者であるエリカ・パン氏は17日の声明で、今回の措置は「万全を期すために」決定したものだと説明した。

  モデルナの株価は過去1年間に500%上昇。ナスダック・バイオテクノロジー株指数は同期間に35%値上がりした。

コロナワクチン接種後に高齢者死亡、知っておくべきこと-QuickTake

原題:
Moderna Slides After California Warning on Vaccine Reactions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE