, コンテンツにスキップする

トヨタの仏合弁、パリで水素タクシー1万台目指す-24年五輪までに

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トヨタ自動車とフランスの産業ガス会社エア・リキードなどが出資する仏合弁会社は、パリのタクシー運転手を対象に水素を燃料とする燃料電池車(FCV)への乗り換えを後押しする。パリで夏季オリンピックが開かれる2024年までに、1万台を導入させたい考えだ。

Toyota's Fuel Cell Electric Vehicle Mirai Test Drive

トヨタのFCV「ミライ」

  合弁会社ハイセットコーは19日、計画実現に向けて8000万ユーロ(約100億円)を調達したと発表した。五輪が開催される2024年夏、パリではすでにディーゼル車が禁止されている予定で、続いて30年にはガソリン車も禁止される。

  発表文によると、ハイセットコーは調達した資金をパリのタクシー運営会社スロタ・グループの買収に充てた。スロタのタクシーのうちディーゼルエンジン車600台全て、または大半を年内にトヨタのFCV「ミライ」に交換するという。

原題:
Toyota-Backed Paris Venture Targets 10,000 Hydrogen Cars by 2024(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE