, コンテンツにスキップする

英、3月前半から都市封鎖の緩和目指す-ワクチン接種ペースが加速

英政府は新型コロナウイルス感染急拡大に伴うイングランド全土のロックダウン(都市封鎖)について、ワクチン集団接種プログラムのペース加速を受け、3月前半以降の段階的な緩和を目指す方針だ。

  ザハウィ・ワクチン展開担当相は、段階的な制限の緩和を「3月の第1、第2週」に開始できる可能性があると説明。ワクチンの効果が出る時間を確保するため、最も脆弱(ぜいじゃく)な四つのグループに接種する時期の目標としている2月半ばから2-3週間後とする必要があると語った。

  ハンコック保健相は18日、国内で406万2501人が既に初回のワクチン接種を終え、欧州の他の国の「倍以上」のペースで接種が進んでいると発表した。2回目を済ませた人は45万2301人に上るという。

原題:England Aims to Start Easing Virus Lockdown in Early March (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE