, コンテンツにスキップする

インテル会長、ヘルス関連のSPACで最大10億ドル調達狙う-関係者

  • 19日にもSECにIPO登録を届け出る可能性
  • メドトロニック幹部も関与-IPOの準備はゴールドマンが主導

インテルのオマール・イシュラク会長は医療・健康テクノロジー分野での取引を狙った特別買収目的会社(SPAC)向けに資金調達を計画している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  医療機器メーカーのメドトロニックを以前率いていたイシュラク氏は19日にも米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)登録を届け出る可能性がある。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。ブランクチェック(白地小切手)会社とも呼ばれるSPACで約7億5000万-10億ドル(約780億-1040億円)を集めることを目標としているという。

  関係者によれば、IPOの準備を主導しているのはゴールドマン・サックス・グループ。米ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)の息子でヘッジファンドマネジャーのジョシュア・フィンク氏とメドトロニック幹部のジーン・ネーメ氏がSPACで要職に就き、イシュラク氏は会長になるという。

  インテルの担当者からのコメントは今のところ得られていない。ゴールドマンの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Intel Chairman Said to Eye Up to $1 Billion Health-Tech SPAC IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE