, コンテンツにスキップする

マレーシア、約3850億円規模の追加経済対策発表-コロナ感染再拡大で

  • 低所得者向け現金支給や企業への給与補助金などが含まれる
  • アブドラ国王は12日に非常事態宣言を発令した

マレーシア政府は18日、総額150億リンギット(約3850億円)規模の追加経済対策を発表した。新型コロナウイルス感染再拡大による経済への影響緩和を図る。

  ムヒディン首相はテレビ放映された演説で、今回の経済対策には低所得者向け現金支給や企業への給与補助金、税額控除などが盛り込まれ、これまでに実施された刺激策の拡充につながると述べた。

  マレーシアのアブドラ国王は今月12日に非常事態宣言を発令。新型コロナ新規感染者数は16日に過去最多の4029人を記録した。

  ムヒディン首相によると、政府は昨年に計3050億リンギット規模の支援策を発表しており、これは国内総生産(GDP)の20%余りに相当する。

原題:Malaysia Unveils $3.7 Billion Package as Covid Cases Surge (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE