, コンテンツにスキップする

スエズとヴェオリアに友好的解決策で関係改善求める-仏経済・財務相

  • PE会社2社からのアプローチが公表されたことで局面が変わった
  • 仏経済相はPE会社のスエズ買収を容認できるかどうかに言及せず

フランス政府は、水道・廃棄物処理事業会社スエズと、同社の買収を目指すヴェオリア・エンバイロメントの対立について、「友好的」解決策を見いだすことが望ましいとの立場をあらためて示した。ただ、両社が敵対姿勢をやめ、有意義な協議を開始する用意があるかどうかははっきりしない。

  ヴェオリアと同社が買収の標的とするスエズとの膠着(こうちゃく)状態は、17日にプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社2社からのアプローチが公表されたことで、局面が変わった。新たな提案は、スエズとヴェオリアとの最初の正式な交渉のきっかけになるはずだが、18日の段階で両社トップの話は引き続きかみ合っていない。

  スエズのベルトラン・カミュ最高経営責任者(CEO)はヴェオリアとの協議も何カ月も拒否してきたが、PE投資会社アルディアングローバル・インフラストラクチャー・パートナーズ(GIP)からの113億ユーロ(約1兆4200億円)規模の友好的買収提案について話し合う用意があると語った。

  一方、ヴェオリアのアントワーヌ・フレロCEOは、PE会社のアプローチについて話すつもりはないと述べる一方、自社の買収提案に関する協議を開始する用意があると話した。

  ルメール仏経済・財務相はRTLラジオに対し、「ヴェオリアとスエズの関係改善の問題では友好的解決策を最初から私は支持している」と発言。PE会社によるスエズ買収を仏政府が容認できるかどうかには言及しなかったが、経済情勢や雇用不安を背景に「非友好的選択肢より友好的選択肢を採用する」よう経営幹部らに強く求めた。

原題:
France Urges Friendly Resolution to Suez-Veolia Stalemate (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE