, コンテンツにスキップする

バイデン氏、SEC委員長にゲンスラー氏指名-ウォール街監督強化か

  • CFTC委員長だったゲンスラー氏はゴールドマンの元パートナー
  • チョプラFTC委員が消費者金融保護局を率いる-関係者

バイデン次期米大統領はウォール街規制の鍵を握る2つの監督機関トップに民主党進歩派が支持する2人のベテラン当局者を指名することにした。トランプ政権下では規制が緩められたが、政権交代に伴う監督強化の方針を示唆している。

  事情に詳しい関係者によれば、証券取引委員会(SEC)委員長にはゲーリー・ゲンスラー元商品先物取引委員会(CFTC)委員長の起用が決まった。ゲンスラー氏(63)はゴールドマン・サックス・グループの元パートナー。

バイデン氏、SEC委員長にゲンスラー氏を指名へ-関係者

  消費者金融保護局(CFPB)局長にはロヒト・チョプラ連邦取引委員会(FTC)委員が指名される。チョプラ氏(38)は、CFPBの立役者でその後上院議員に転身したエリザベス・ウォーレン氏の右腕としてCFPBの設立にも寄与した。

Wall Street Reforms Senate Hearing With SEC And CFTC Chairs

ゲーリー・ゲンスラー氏

House Antitrust Hearing On Online Platforms And Market Power

ロヒト・チョプラ氏(2019年10月18日)

Photographer: Alex Edelman/Bloomberg

原題:Biden Taps Gensler as SEC Chairman, Chopra as CFPB Director (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE