, コンテンツにスキップする

コンビニの加クシュタール、仏カルフール買収断念-緩やかな協業検討

  • 燃料購入やブランド、重複する流通分野でいかに協力できるか検討へ
  • ルメール仏経済・財務相からの強い反対で買収は断念

カナダのコンビニ運営大手アリマンタシォン・クシュタールとフランスの小売り大手カルフールは16日、ルメール仏経済・財務相からの強い反対を受け、クシュタールが提案したカルフールへの200億ドル(約2兆800億円)規模での買収を巡る協議を打ち切ったと発表した。今後は緩やかなアライアンスを検討するとしている。

カナダのクシュタール、仏カルフール買収協議打ち切り-関係者

Couche-Tard Weighs Challenge To French Foreign Takeover Barriers

カナダのモントリオールにあるクシュタール店舗

撮影:Christinne Muschi / Bloomberg

  両社は発表文で、燃料購入やブランド、重複する流通分野でいかに協力できるかを検討すると説明。クシュタールのブライアン・ハンナッシュ最高経営責任者(CEO)は「カルフールとパートナーシップを結ぶ機会は、当社を世界的な主要小売企業へと向かわる方向に前進させる」と述べた。

  買収成立なら北米を中心とするクシュタールのコンビニ1万4200店とカルフールの大型スーパー含む欧州の店舗を合わせ持つ小売りの大企業誕生となるほか、外資による仏企業買収では過去最大級の一つとなるはずだった。

原題:
Couche-Tard, Carrefour End Merger Talks, Consider Alliance (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE