, コンテンツにスキップする

スエズにPE会社2社が1.42兆円の買収提案-ヴェオリアに対抗

  • PE会社2社の1株当たり買収価格、ヴェオリア提示の条件に一致
  • スエズの取締役会はPE会社2社のアプローチを全会一致で歓迎

プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社アルディアンとグローバル・インフラストラクチャー・パートナーズは、フランスの水道・廃棄物処理事業会社スエズに対し113億ユーロ(約1兆4200億円)の買収案を提示する計画だ。スエズはこれを支持しており、同業の仏ヴェオリア・エンバイロメントによる買収に抵抗する姿勢だ。

  PE会社2社の17日の発表文によると、1株当たりの買収価格は18ユーロで、ヴェオリアが4カ月余り前に提示した条件に一致する。これに対しヴェオリアはスエズ株29.9%を売却する意向はないとし、アントワーヌ・フレロ最高経営責任者(CEO)がスエズに関する計画について話し合う用意があるとあらためて表明した。

  スエズの取締役会はPE会社2社のアプローチを全会一致で歓迎。ベルトラン・カミュCEOは記者向け電話会見で、同アプローチを雇用とフランス市場の競争を保持するものと受け止めていると述べ、同社が他の投資家からの出資を受け入れる考えも明らかにした。

  ヴェオリアは昨年10月にスエズ株を取得し、完全買収に向けた最初の一歩を踏み出した。フレロCEOは同業界で世界的な巨大企業の構築を目指しており、今月、スエズに買収提案の意向を表明していた。スエズの取締役会と経営陣はこれに抵抗し、正式提案までは交渉を持つことはできないとしていた。

原題:Suez Gets $13.7 Billion Proposal in Challenge to Veolia (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE