, コンテンツにスキップする

ファウチ氏、バイデン氏のワクチン公約「実行可能」-100日で1億回

  • バイデン氏は国防生産法発動などをためらわないだろうと指摘
  • J&Jとアストラゼネカの緊急使用許可、数週間後の可能性

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は、就任後100日間に1億回分の新型コロナウイルスワクチン接種を実施するとしたバイデン次期大統領の公約について、「間違いなく実行可能」だと述べた。

  ファウチ氏は17日放送のNBCの番組「ミート・ザ・プレス」でのインタビューで、バイデン氏は国防生産法(DPA)発動も含め、ワクチンの生産・配布の迅速化に向け「あらゆる可能なメカニズムを活用する」ことをためらわないと予想すると発言。「彼の目標の実行可能性は間違いなく明白であり、疑いない」と指摘した。

  米当局は昨年12月、米ファイザーと独ビオンテックのワクチンと米モデルナのワクチンに緊急使用許可(EUA)を付与した。ファウチ氏は米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製ワクチンと英アストラゼネカ製ワクチンへのEUA付与について、「数カ月先ではなく、数週間先」になる可能性があると述べた。

原題:
Fauci Says Biden’s 100 Million Vaccine Goal ‘Absolutely Doable’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE