, コンテンツにスキップする
Photographer: Nina Westervelt/Bloomberg
cojp

米経済は「急降下」、迅速な行動必要-バイデン氏経済顧問

  • 1.9兆ドル規模の経済対策を可決させる必要-ディーズ氏
  • 「壮大な無駄」と共和党トゥーミー議員はバイデン氏経済対策を批判
A permanently closed restaurant in New York, U.S., on Thursday, Dec. 10, 2020. New York City had its credit rating cut by Fitch Ratings because of the impact the coronavirus pandemic is having on the city's economy.
Photographer: Nina Westervelt/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

バイデン次期米政権の国家経済会議(NEC)委員長に就任する予定のブライアン・ディーズ氏は17日、米経済が「急降下」していると警告し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって明確になった脆弱(ぜいじゃく)性に迅速に対処する必要性を強調した。

  ディーズ氏は、次期政権が打ち出した1兆9000億ドル(約197兆円)規模の経済対策が「われわれが必要とするような力強い回復」をもたらすと語った。

バイデン次期米大統領、1.9兆ドルの経済対策案公表-来月第2弾

  ディーズ氏は「FOXニュース・サンデー」で、「われわれは非常に不安定な時期にある」と指摘。「今が行動すべき時だ」と述べた。

  バイデン氏の経済対策を迅速に実現させるには、共和党議員少なくも10人の賛成を確保する必要があるが、同党のトゥーミー上院議員(ペンシルベニア州)は15日、「壮大な無駄であり、経済的に有害だ」と同案を批判した。

  ディーズ氏はコロナで浮き彫りになった米経済の弱点に次期政権の対策は対処できると指摘。例として、最低賃金の引き上げが米国民への「具体的かつ直接の」支援になることなどを挙げた。

原題:
Economy Spiraling With Urgent Need for Action, Biden Aide Warns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE