, コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • バイデン氏の就任演説、米国債利回り上昇に壁、米株はさらに上昇も
  • ルービニ氏のバイデン政権予想、UBSが仮想通貨に警告

昨年毒殺未遂に遭ったロシア反体制派のナワリヌイ氏が療養先のドイツからモスクワに戻り、空港到着直後に当局に拘束されました。欧米諸国から批判が上がるのは必至で、既にバイデン次期政権で国家安全保障担当の大統領補佐官に就くジェイク・サリバン氏は、ナワリヌイ氏を直ちに解放するよう求めています。今後のロシアの対応が注目されます。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

「結束」を

バイデン次期米大統領は20日の就任演説で、トランプ政権時から続く公衆衛生と経済の危機への対応方針を示すほか、トランプ氏支持者による連邦議会議事堂乱入を踏まえて国民の結束を呼び掛ける見通しだ。就任後はすぐに新型コロナウイルス感染拡大やその経済的影響など4つの大きな課題に取り組む方針。

世界の壁

米国債の弱気派は注意する必要がある。世界では巨額の資金が米国債を買おうと待ち構えており、利回り上昇は限られそうだ。特に欧州および日本の投資家は、10年物の利回りが1.25-1.3%、30年物が1.92-2%の水準に達した場合に買い増す可能性がある。利回りは最近のピークからあと10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)かそれ未満でこれらの水準に達する。

さらに上昇も

米国株のバリュエーションは高いものの、バブル気味の市場を敬遠するよりもこれから参入する投資家が多そうだ。2020年3月に始まった今回の強気相場で、投資家のリスク意欲の回復が遅かったためだ。投資家が保有する株式と債券・現金を比較したJPモルガン・チェースのモデルによると、現在の株式エクスポージャーが前回の強気相場のピーク時と同水準に達するにはS&P500種株価指数が26%上昇する必要がある。

暴動とサイバー攻撃

米国のエコノミスト、ヌリエル・ルービニ氏はバイデン氏の大統領任期が暴動とサイバー攻撃に特徴付けられることになると懸念している。ドイツ誌シュピーゲルとのインタビューで明らかにした。ルービニ氏は、武装した過激派、特に白人国家主義者による暴動が今後も起きると予想。ロシアと中国が米国に対してさらなるサイバー攻撃を画策し、偽情報をばらまくとの見通しも示した。

価値ゼロにも

UBSグローバル・ウェルス・マネジメントは、仮想通貨の記録的値上がりを受けて参入しようとする投資家に、全てを失う恐れがあると警告した。ウォール街がビットコイン市場に参入しつつある中で短期的には値上がりが続く可能性があるが、長期的には存在が脅かされるリスクがあると論じた。

その他の注目ニュース

米政権、香港警察当局者ら6人に制裁-香港政府は「荒唐無稽」と非難

ドイツCDU、ラシェット氏を新党首に選出-メルケル氏に政策近い

ゴールドマン、暗号資産投資への参入探る-コインデスク

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE