, コンテンツにスキップする

バイデン氏、トランプ政権から引き継ぐコロナワクチン対策チーム一新

  • ワープスピード作戦との名称を変更、責任者をケスラー氏に
  • マスク着用を国民にあらためて呼び掛け-「愛国的な行動」

バイデン米次期大統領は現政権から引き継ぐ新型コロナウイルスのワクチン接種イニシアチブを見直し、「ワープスピード作戦」との名称を変えるほか、責任者を一新する。

  ワープスピード作戦の責任者を務めてきたモンセフ・スラウィ氏に代わり、バイデン政権での新型コロナワクチン対策は食品医薬品局(FDA)長官を1990年代に務めたデービッド・ケスラー氏が担い手となる。バイデン氏のチームはワクチン接種による免疫確保を急ぐという新たな重点を強調したい考えだと、事情に詳しい関係者が公式発表前だとの理由で匿名で述べた。

David Kessler

デービッド・ケスラー氏

写真家:Eric Risberg / AP Photo

  バイデン氏や側近はトランプ政権下でのワクチン普及は目標をはるかに下回っているとして批判を強めている。バイデン氏は現政権のワクチン接種の取り組みを「惨めな失敗」と呼び、自身は就任後100日間に1億回分の接種実現を目標としている。  

  次期大統領としてバイデン氏は、ワクチン接種の優先割り当てで複雑化するグループ化をやめ、最前線のエッセンシャルワーカーと65歳以上の人々への接種に集中するよう各州に促す。政権移行チームが15日発表した。また、ジムやスタジアム、コミュニティーセンターを活用する地域的なワクチンセンターを設けたり、移動式クリニックを予定したりするとともに、薬局で接種できる取り組みを加速させる意向だ。

  バイデン氏は15日、デラウェア州ウィルミントンでこうした取り組みの概要を説明する演説の中で、国民にマスク着用をあらためて呼び掛けた。

  マスク着用が政治の問題と化したのは「ばかげている」とした上で、マスクを着けるのは「愛国的な行動だ。皆さんにお願いしたい。われわれはこのウイルスとの戦いの中にある」と強調した。  

原題:Biden Overhauls Faltering Vaccine Campaign With New Name, TeamBiden Asks Americans to ‘Mask Up’ for 100 Days, Criticizing GOPBiden Plans Fewer Rules, More Shots in New Vaccination Drive (1)  (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE