, コンテンツにスキップする

ミネアポリス連銀総裁、パンデミック「2021年いっぱい続くだろう」

ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)収束は、考えられていたよりも先になる」と述べた。

  カシュカリ氏はバーチャル形式の討論に参加。ワクチン接種開始が想定より遅れていることや、ワクチン接種に対する米国民の抵抗、集団免疫の達成基準が高くなる可能性に基づくと、「パンデミックは恐らく2021年いっぱい続くだろう」と話した。

  インフレが制御不能になるリスクは心配していない考えで、「インフレ率が2%を大きく超えるリスクはあまりないようだ」と発言。

  米雇用市場については、「金融危機当時にみられた過去最悪の雇用市場と同様に悪い」と述べた。

  カシュカリ氏は今年の連邦市場公開委員会(FOMC)で議決権を持たない。

原題:
Fed’s Kashkari Says Pandemic Could Stretch Through All of 2021(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE