, コンテンツにスキップする

米鉱工業生産、12月は製造業が予想上回る-8カ月連続のプラス

更新日時

昨年12月の米鉱工業生産指数で、製造業は市場予想を上回る伸びを示し、8カ月連続で前月比プラスとなった。勢いはやや鈍っているが底堅い需要の伸びと在庫水準の低さが、引き続き製造業の回復を後押ししている。

キーポイント
  • 製造業の生産指数は前月比0.9%上昇
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.5%上昇
    • 前月は0.8%上昇
  • 鉱工業生産の総合指数は同1.6%上昇
    • 5カ月ぶりの大きな伸び
    • 市場予想は0.5%上昇
    • 前月は0.5%上昇(速報値0.4%上昇)に上方修正された
U.S. manufacturing production exceeded estimates in December

  10-12月(第4四半期)の製造業生産指数は年率換算で11.2%上昇。製造業活動が安定的な回復を続けていることが示された。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響を受け、2020年通年では6.9%低下した。

  製造業の設備稼働率は12月に73.4%に上昇。前月は72.7%だった。鉱工業全体の設備稼働率も74.5%と、前月の73.4%から上昇した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Manufacturing Output Rose More Than Forecast in December(抜粋)

(統計の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE