, コンテンツにスキップする

シティ決算、利益が予想上回る-債券トレーディング収入は予想届かず

  • 再編した株式部門、トレーディング収入は57%増-予想以上に好調
  • 引当金15億ドル戻し入れが寄与、自社株買いを再開へ

米銀シティグループの2020年10-12月(第4四半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。貸倒引当金の戻し入れが寄与した。債券トレーディング収入は7%増にとどまり、アナリスト予想に届かなかった。一方、株式トレーディング収入は57%増えた。

  来月退任するマイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「好調な第4四半期で波乱の1年を終えた」とし、「新型コロナ感染症が経済に大きな打撃を与えたにもかかわらず、当行の収入は19年並みを維持した」と説明した。

  同氏は1-3月(第1四半期)に自社株買いを再開する計画も示した。

  純利益は7%減の46億3000万ドル(約4800億円)。1株当たり利益は2.08ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の1.34ドルを上回った。利益が予想を上回った分の大半は、貸倒引当金を約15億ドル戻し入れたことから生じた。

  債券トレーディング収入は30億9000万ドルと、アナリスト予想の32億ドルを下回った。株式トレーディング収入は8億1000万ドル。予想は6億7600万ドルだった。同行は先月、業界トップ4入りを目指して株式部門を再編した。

原題:
Citi’s Loan Optimism Fuels Profit as Bond Traders Miss Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE