, コンテンツにスキップする

小米CEO・副会長の資産45億ドル目減り-トランプ政権の制裁直撃

  • 小米株10%安、終値ベースで上場来最大の下げ-15日の香港市場
  • 小米の4分の1余りを保有する雷CEOの資産は282億ドルに

中国のスマートフォンメーカー、小米の株価が15日の香港市場で急落し、自社株を保有する幹部の個人資産は大きく目減りした。任期終了が迫るトランプ米政権による小米のブラックリスト追加は予想外だった。

  小米株は前日比10%安と、終値ベースで上場来最大の下げを記録。ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、小米を約10年前に共同創業した雷軍最高経営責任者(CEO)は30億ドル(約3100億円)近く資産を減らした。

トランプ政権、小米など中国企業11社をブラックリストに追加

  林斌副会長の資産は15億ドル減少。ほかにも、10億ドル以上の資産を持つ少なくとも5人の株主が影響を受けた。

Xiaomi CEO Lei Jun Attends Redmi Smartphone Product Launch

雷軍CEO

写真家:ショーン・コ/ブルームバーグ

  小米の4分の1余りを保有する雷CEOの資産は282億ドルに減った。林副会長は101億ドル相当となっている。

原題:Trump’s Move Cost Bosses at China Tech Giant $4.5 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE