, コンテンツにスキップする

中国人民銀、アントは事業見直しに向けスケジュール作業中-陳副総裁

  • 規制当局はアントの特別チームと緊密な連絡を取り続けている
  • 21年に穏健な金融政策は一段と的が絞られ、より妥当かつ適切になる

中国人民銀行(中央銀行)は15日、フィンテック企業のアント・グループが事業の継続を確保しながら、業務を抜本的に見直すためのスケジュール作業に取り組んでいることを明らかにした。

  人民銀の陳雨露副総裁は定例記者会見で、アントの事業を修正する計画と日程を練っている同社の特別チームと規制当局は緊密な連絡を取り続けていると述べた。ただ、アントが政府を満足させるため、どこまで再編に踏み込む必要があるのかについては、ほとんど手掛かりを示さなかった。

アント関連記事

  陳副総裁は2021年に穏健な金融政策は一段と的が絞られ、より妥当かつ適切になり、中国経済にとって必要な支援が続けられるとも説明した。

  人民銀貨幣政策局の孫国峰局長は同じ記者会見で、中国は金融政策を急転換することなく安定的に維持すると語った。現行金利は適切で、市中銀行の預金準備率は高くないとし、人民元相場のボラティリティーは正常であり、元相場の柔軟性拡大を反映していると話した。

原題:China Central Bank Says Ant Is Working on Timetable for Overhaul、China’s Monetary Policy to Be More Targeted in 2021: PBOC’s Chen、China to Keep Monetary Policy Stable Without Sharp Turn: PBOC(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE