, コンテンツにスキップする

カジノ・レストラン運営ファティータ氏、SPACと合併協議-関係者

  • ファスト・アクイジションと合併へ、株式公開の規模10億ドル超か
  • 合併後の新会社の価値、最大70億ドルと評価される可能性-関係者

米プロバスケットボール協会(NBA)ヒューストン・ロケッツのオーナーでもある資産家ティルマン・ファティータ氏は、特別買収目的会社(SPAC)ファスト・アクイジションとの合併を通じたカジノ・レストラン事業の株式公開に向け協議を行っている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところでは、株式公開の規模は10億ドル(約1040億円)を超えるとみられる。合併後の新会社の価値は債務を含め、最大70億ドルと評価される可能性があると関係者1人は語った。

  関係者によれば、新会社はファティータ氏が引き続き経営権を握り、「ゴールデン・ナゲット」と「ランドリーズ」傘下のカジノやレストランが含まれることになる。交渉がまとまれば数週間内に合意が発表される可能性があるが、詳細条件の変更や交渉が決裂する場合もなおあり得るという。

  ゴールデン・ナゲットとファスト・アクイジションの担当者はいずれもコメントを控えた。

  ファティータ氏が一部部門の新規株式公開(IPO)を含む複数の選択肢を検討していることはブルームバーグ・ニュースが昨年12月に報じていた。

原題:
Fertitta’s Restaurant, Gaming Arm Said in SPAC Merger Talks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE