, コンテンツにスキップする

バイデン氏、200億ドルのワクチン接種計画盛り込む-追加経済対策に

  • 全米でワクチン接種の診療所開設や遠隔地域への移動部隊派遣を計画
  • コロナ禍で自治体取り組みなど支援する1.9兆ドルの経済対策の一部

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

バイデン次期米政権は200億ドル(約2兆800億円)規模の全国ワクチン接種プログラムの概要を明らかにした。これは新型コロナウイルス感染拡大で州・地方自治体の取り組みなどを支援する1兆9000億ドル(約197兆円)規模の追加経済対策の一部となる。

  バイデン次期大統領の政権移行チームが提供したファクトシートよると、プログラムは州や他の当局と連携し、全国でワクチン接種のための診療所開設や遠隔地域への移動部隊派遣を実施する。

  バイデン氏は就任後100日間に1億回分のワクチンを供給すると表明している。しかし、たとえそのペースでも、現在使用が認められているワクチンは2回接種が必要なことから、感染拡大抑制に必要な免疫が幅広く確保されるまでには、さらに時間がかかる見通しだ。

  ブルームバーグのワクチントラッカーによると、米国ではこれまでに約1080万回分が接種された。これは全国に供給されたワクチンの37%に相当する。今週発表された対象拡大で、さらに1億2800万人が接種を受ける可能性がある。

  一方、バイデン氏は新たな変異種について、検出能力不足が米国のコロナ対応の「大きな弱点」だとして、監視強化も提言した。

原題:
Biden Pushes Expansive Virus Response in $1.9 Trillion Package(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE