, コンテンツにスキップする

FRB議長、超緩和策の出口議論「今はその時期でない」と否定

更新日時
  • 債券購入の段階的縮小を検討するかなり前から十分に知らせる
  • 購入縮小議論には細心の注意必要、利上げの時期「全然近くない」

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は14日、超緩和的な金融政策からの出口を議論することについて「今はその時期ではない」と述べ、大規模債券購入プログラムの縮小議論を開始する前に十分に知らせると約束した。

  パウエル議長はバーチャル討論会で「資産購入についての意思伝達には細心の注意を払う必要があることをわれわれは承知している」と発言。「今は出口について話す時ではない。世界的な金融危機のもう一つの教訓は、早まって出口を模索しないよう注意することだ」と語った。

Fed Chair Powell Holds Video News Conference Following FOMC Rate Decision

パウエルFRB議長

  連邦公開市場委員会(FOMC)は先月、雇用とインフレの目標に向けて「一段と顕著な進展」が見られるまで米国債と住宅ローン担保証券(MBS)の月間1200億ドル(約12兆4500億円)の購入を継続すると発表した。

  パウエル議長はこのガイダンスについて、当局が資産購入縮小をいつ検討するかを巡り、何らかの時期的な目安に基づくものとしないよう意図的に配慮し、期間が長めの金利の押し下げを目指したものだと説明。その上で、こうしたステップを検討する機が熟しつつある場合には「われわれは世界に知らせる」と述べ、「資産購入の段階的縮小開始に関して積極的に検討するかなり前から極めて明瞭に意思伝達する」との考えを示した。

  議長は今後数年間の米経済に楽観的だと述べた一方で、米経済が厳しい冬を乗り越えねばならない点に言及。利上げの時期は「全然近くない」と付け加えた。

原題:Powell Says Won’t Raise Interest Rates Any Time Soon(抜粋)

(議長発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE