コンテンツにスキップする

OPEC、原油在庫解消の目標に向け順調-月報のデータが示唆

  • 1-3月の需給は従来予測よりもタイトに、非加盟国の生産鈍く
  • サウジ減産で向こう2カ月間に在庫縮小はいっそう加速

石油輸出国機構(OPEC)は、世界のだぶついた原油在庫を解消するという目標に向かって順調に進んでいる。

  OPECは今月に減産規模を縮小したが、供給不足はなお続く見通しだ。14日発表された月報のデータから明らかになった。OPEC最大の石油輸出国であるサウジアラビアが最近発表した減産で、向こう2カ月間に在庫はいっそう縮小する。

  OPECのバルキンド事務局長は13日、OPECとその協力国の優先課題として、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による需要急減で膨張した在庫を減らすことだと語っていた。

  今回の月報でOPECは年間の需給予測を変えなかったが、1-3月(第1四半期)は消費が持ち直す一方で非OPEC産油国の生産が鈍いことから、従来の予想に比べタイト化するとの見通しを示した。

原題:
OPEC Signals It’s on Track With Goal to Drain Oil Inventories(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE