コンテンツにスキップする

フィンテックの米アファーム、初日に株価2倍-IPOは12億ドル規模

  • 完全希薄化後の企業価値はほぼ300億ドル-ブルームバーグ試算
  • レブチンCEOは買収を通じて事業を拡大していく可能性に言及

米フィンテック企業アファーム・ホールディングスは、上場初日となった13日、新規株式公開(IPO)価格の約2倍に上昇して終了した。

  ネット通販向けに消費者ローンを提供するアファームは、一時110%高となった後、98%高の97.24ドルで引けた。同社は1株当たり49ドルで2460万株を新規発行し、12億ドル(約1250億円)を調達。IPO価格は、上方修正後の仮条件の上限を上回った。

  アファームの13日の取引終了時の時価総額は230億ドル余り。ブルームバーグの試算によると、従業員のストックオプションや譲渡制限付き株式を含めた完全希薄化後の企業価値は約300億ドルとなる。

PayPal Co-Founder And Affirm Inc. Chief Executive Officer Max Levchin Interview

マックス・レブチン氏

  同社は、米オンライン決済サービスのペイパル・ホールディングスの共同創業者マックス・レブチン氏が立ち上げた。アファームの会長兼最高経営責任者(CEO)でもある同氏は上場後も筆頭株主で、フィットネス事業を展開する米ペロトン・インタラクティブを重要なパートナーと位置付けるとともに、買収を通じて事業を拡大していく可能性にも言及した。

  IPOはモルガン・スタンレーゴールドマン・サックス・グループアレン・アンド・カンパニーが主導。証券コード「AFRM」でナスダック・グローバル・セレクト・マーケットに上場した。

原題:Affirm Almost Doubles in Debut After $1.2 Billion IPO (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE