コンテンツにスキップする

日銀総裁、必要があれば躊躇なく追加緩和措置講じる-支店長会議

日本銀行の黒田東彦総裁は14日、当面、新型コロナウイルス感染症の影響を注視し、必要があれば躊躇(ちゅうちょ)なく追加緩和措置を講じると改めて表明した。テレビ会議方式で開催した支店長会議であいさつした。

キーポイント
  • 景気は引き続き厳しい状態にあるが、持ち直している
  • 先行きの日本経済、改善基調をたどるとみられる
  • 感染症への警戒感が続く中、改善ペースは緩やかなものに
  • 資金繰りに厳しさ、企業金融面で緩和度合い低下した状態
  • 引き続き企業等の資金繰り支援と市場安定維持に努めていく
Bank of Japan Governor Haruhiko Kuroda Speaks at Business Lobby Keindaren

黒田東彦日銀総裁

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE