, コンテンツにスキップする

新型コロナ再燃の中国、地方議会の開催に遅れ-3月の全人代に影響も

  • 河北省と遼寧省はすでに年次の人民代表大会を延期
  • 全人代と政協は今のところ3月上旬に開幕予定

中国で新型コロナウイルスの感染拡大が勢いを増しており、省レベルの人民代表大会(地方議会)が予定通り開催できるか危ぶまれている。

  最近の感染拡大を受け、河北省と遼寧省はすでに年次の人民代表大会を延期した。地方議会後に開催され、今のところ3月上旬に開幕が予定されている全国人民代表大会(全人代、国会に相当)と人民政治協商会議(政協)の日程に影響が及ぶ可能性もある。

中国の全人代、来年3月5日から北京で開催-新華社

  全人代と政協は通常、習近平国家主席ら中国最高指導者らが出席し2週間ほど開かれる。新型コロナの影響で2020年の全人代は数十年ぶりに開催が遅れた。

  世界中の多くの国が依然として新型コロナで活動を制限している今年、全人代を例年通りに開催できれば、中国は自国の勝利としてアピールできると考えられている。

原題:China’s Virus Flare Up Threatens to Delay Legislative Meetings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE