コンテンツにスキップする

米、アリババやテンセントへの証券投資を禁止せずとDJ-ADR急伸

  • 米国防総省のリストに中国企業12社を含めるかどうか検討されていた
  • このうち9社をリストに掲載する一方、アリババなど3社は追加せず

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米政府は中国人民解放軍とのつながりが疑われる同国の巨大IT企業について、証券投資を禁止した場合の経済的影響を検討した結果、アリババグループとテンセント・ホールディングス(騰訊)、百度(バイドゥ)への投資は今後も容認する見通しだ。ダウ・ジョーンズ(DJ)通信が伝えた。

  事情に詳しい複数の関係者からの情報をDJが引用したところでは、人民解放軍を支援していると米国防総省が判断した企業のリストに中国企業12社を含めるかどうか検討されていたが、このうち9社をリストに掲載する一方、アリババなど3社については、追加する予定はもはやないという。

  この報道を受け、13日の米市場でアリババの米国預託証券(ADR)が一時6.6%、テンセントのADRも同じく4.2%それぞれ大幅上昇した。

原題:Americans Won’t Be Banned From Investing in Alibaba, Tencent: DJ、Alibaba ADRs Gain as Company is Spared U.S. Investment Ban

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE