, コンテンツにスキップする

セントルイス連銀総裁、「信用回復」が必要-2%のインフレ目標で

米セントルイス連銀のブラード総裁は、インフレ率が一定期間の平均で2%に達するという金融当局の目標に関して、「われわれは信用と信頼を回復したい」と述べた。

  総裁は13日、ロイター通信が主催したバーチャル形式のイベントでのインタビューで、当局は数十年前ほどの「予防的な姿勢は取らない」とし、「インフレ率が目標を上回ることを容認する」と続けた。

  債券購入のテーパリング(段階的縮小)については、年内に議論を始めるべきか否かについては明言を避け、「前もって計画を立て、予想しておくのは良いことだが、私としては物事に具体的な時期を設定することは避けたい」と述べた。

  その上で、現行水準で据え置き、「一段と顕著な進展」が今後どう展開するかを見極めるべきだと指摘した。「一段と顕著な進展」とは、昨年12月の連邦公開市場委員会(FOMC)声明に盛り込まれた債券購入のガイダンスに関する文言の一部。

原題:Bullard: Fed Must ‘Regain Credibility’ on 2% Inflation Goal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE