, コンテンツにスキップする

ECB、必要な限り緩和的な金融姿勢を継続-ビルロワドガロー氏

更新日時

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、ビルロワドガロー・フランス中銀総裁は13日、ECBは必要な限り緩和的な金融姿勢を継続すると言明した。

  同氏は仏下院金融委員会で「われわれは2%のインフレ目標に引き続き明確にコミットしている。有利な金融環境は必要な限り維持する。同時に、さまざまな通貨に対するユーロの為替レートによる負の影響を特に注意して見守っている」と述べた。

ECB、今年の一時的なインフレ上昇は無視する-シュナーベル理事

  同氏はまた、ECBのインフレ目標について、上下対称かつ中期的に判断されるべきだとの考えも示した。「現在は2%弱を目標としているが、これを上限だとするなら平均でそこに達することは決してない。従って2%に達しても自動的に金融政策を引き締めるのではなく、一時的にそれを超えることを容認する必要がある」と語った。

原題:ECB Needs Ability to Exceed 2% Inflation Temporarily: Villeroy、ECB to Keep Monetary Stance Loose as Long as Needed: Villeroy(抜粋)

(第3段落を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE