, コンテンツにスキップする

米当局者の債券購入縮小発言、13年「テーパータントラム」の悪夢再燃

  • FOMC参加者の一部、年内の購入縮小論議開始の可能性に言及
  • 利回り曲線スティープ化、「二度とだまされることはない」とも

米連邦準備制度の当局者の間では、大規模な金融刺激策をいつ縮小し始める必要がありそうかを巡り、見解の相違が表面化しつつある。

  債券購入のテーパリング(段階的縮小)の可能性におびえて市場が混乱に見舞われた2013年の「テーパータントラム」を想起して、投資家は神経質になっている。

  過去1週間には、連邦公開市場委員会(FOMC)に参加する当局者18人(1人欠員)のうち4人が、月額1200億ドル(約12兆4000億円)に上る債券購入の縮小について年末までに議論を開始する可能性に公に言及した。

  これに対し、別の数人の当局者はそうした議論は時期尚早だと指摘。この件を巡って発言した最も高位の当局者であるクラリダ連邦準備制度理事会(FRB)副議長は、22年以前にプログラム変更は見込まれないとしている。

  こうした中で投資家は安全策を取り、期間が長めの米国債利回りが上昇。2年債と10年債のスプレッドは約3年ぶりの大きさほどに広がり、利回り曲線がスティープ化した。クラリダ副議長とブレイナードFRB理事は13日、パウエルFRB議長は14日に発言の機会があり、投資家にはさらなるガイダンスが示されるかもしれない。

Widely watched spread between 2- and 10-year U.S. yields is growing

  グラント・ソーントンのチーフエコノミスト、ダイアン・スウォンク氏は「連邦準備制度はスタンスを明確にする必要があり、さもなければ不必要にテーパータントラムを引き起こしかねない」と指摘した。

  13年のテーパータントラムの場合、当時のバーナンキFRB議長が資産購入の段階的縮小を当局が検討中だと明かし、不意を突かれた金融市場ではボラティリティー(変動性)が大幅に高まって、債券利回りは急上昇し、投資家には苦い記憶となった。

  MUFGセキュリティーズアメリカの米金利戦略ディレクター、ジョン・ハーマン氏は当時について、「債券投資家がすっかりわなにかかった」とした上で、今回は「『二度とだまされることはない』と米国債投資家は身構えている」と語った。

  プリンストン大学主催のバーチャルイベントで14日に発言する予定のパウエル議長について、慎重なトーンを維持する公算が大きいと、スタンダードチャータードの北米マクロ戦略責任者、スティーブン・イングランダー氏は予想。テーパリングの議論は「時期尚早と考えられる」と話した。

The U.S. has 9 million fewer jobs than before the pandemic

  連邦準備制度の当局者は、米国債利回りの急上昇を回避するため、段階的縮小については事前に周知徹底することになると強調している。当局者はこれまでの債券利回り上昇には警戒感を抱いていない様子だ。

  リッチモンド連銀のバーキン総裁は11日、「われわれは6、7年前から教訓を学んだ」とコメント。先の出来事があった当時、パウエル氏がFRB理事だったことにも言及し、「十分な意思伝達のためにわれわれは最善を尽くすだろう」との考えを示した。

原題:Fed Talk of Taper Rekindles Specter of Wrenching 2013 Tantrum(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE