, コンテンツにスキップする

東京五輪開催に再び暗雲、医療専門家の意見分かれるーコロナ拡大で

  • 医師や看護師もPCR検査受けられない現状、「無理する時でない」
  • スポーツ大会開催できる根拠がある、感染症対策の知見は蓄積

東京五輪の開幕を半年後に控え、開催を危ぶむ声が再び高まっている。世界各国で新型コロナウイルス感染が拡大しているためだ。

  「感染を抑え込むには2カ月半はかかる」。昭和大学医学部の二木芳人客員教授は12日、ブルームバーグの取材に対して、新型コロナ感染拡大に伴い東京五輪の中止論が浮上する可能性を指摘した。変異種の報告例もあることから、たとえ開催できても海外からの観客は原則受け入れるべきでないという。

Pandemic Places Tokyo Under State of Emergency

2度目の緊急事態宣言が出た後の渋谷の交差点(12日)

Photographer: Kentaro Takahashi/Bloomberg

  東京都の新型コロナ新規感染者数は7日に過去最多の2447人を記録。菅義偉首相は同日、東京など1都3県に緊急事態宣言を発出した。きょうにも大阪など7府県を追加する。米ジョンズ・ホプキンス大学によると、世界の累計感染者数は10日、9000万人を突破。英国や南アフリカ共和国では感染力の強い変異種も確認されている。

  昨年3月に大会延期を決定して以来、東京五輪・パラリンピック組織委員会は今年7月の開催に向け準備を進めてきた。新たな日程を調整し、会場を確保、簡素化による費用削減やスポンサーとの交渉を重ねた。今回の緊急事態宣言は、昨年12月にアスリートや会場の感染症対策の中間整理をまとめた後のタイミングだった。

  今月9日から3日間行われたNHKの世論調査によると、東京五輪・パラリンピックについて「中止すべき」「さらに延期すべき」と答えた人は合わせて77%に上った。

  組織委の森喜朗会長は12日、職員に向けた新年のあいさつで「中止や延期はあり得ない」と断言。同席した武藤敏郎事務総長も、国内でのワクチン接種開始で感染状況が落ち着く可能性を指摘し、「万端の準備を進めるのがわれわれの使命だ」と語った。

  組織委は、今春をめどに観客の上限数や海外からの入国制限のあり方を決め、その後は状況を見ながら感染症対策などの対応を調整していく方針。延期による費用を加えた大会経費は1兆6440億円となった。

国民守ることが優先されるべきだ

  開催の可否については医療専門家の間でも意見が分かれる。けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は、「無理して五輪を開催する時ではない」と主張する。スポーツ選手や大会関係者が連日PCR検査を受けているのに対し、「医師や看護師は入院患者に接しているのに検査が受けられない」と述べた上で、「日本国民を守ること」が優先されるべきだとの見解を示した。

  英キングス・カレッジ・ロンドンの渋谷健司教授も、日本は五輪中止も含めて再検討すべきだと主張する。政府が経済対策を優先して感染症対策のリーダーシップ欠如を露呈したと述べ、日本の五輪運営にも悲観的な見方が広がっていると述べた。

  一方、川崎市健康安全研究所長で、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議にも参加する岡部信彦氏は、今の感染状況であれば開催は可能とみている。選手は行動管理を徹底しているため感染症対策がしやすく、入国さえできれば問題はないという。海外から観客が来られない場合は日本人による観戦の形も考えられると述べた。また、ワクチンについては「五輪と切り離して考えるべきだ」と述べた。

イベント成功例

  日本の戦後復興と東京五輪を描いた「1964ー日本が最高に輝いた年」の著者で五輪取材を続けているロイ・トミザワ氏は、プロスポーツにとって「大会を開催できる根拠は有り余るほどある」と述べる。

  昨年の緊急事態宣言下では、ほぼ全てのスポーツイベントが中止となった。しかし、夏ごろから野球、サッカー、陸上、大相撲と観客数を管理しながらも大会を開いており、感染対策の知見も蓄えつつある。

International gymnastics competition in Tokyo

昨年11月に東京・代々木第一体育館で開催された体操の国際大会

Photo by The Yomiuri Shimbun/AP Images

  11月には東京五輪・パラリンピック大会のテストケースとして注目された体操の国際大会が東京で開かれ、ロシア、米国、中国からも選手が来日した。宿泊ホテルではチームごとにフロアを貸し切り、連日PCR検査を行うなど予防策を徹底し、感染者を出さずに終えた。

  トミザワ氏は、「昨年であれば選手も不安に思ったかもしれない」と振り返った上で、「多くのプロスポーツが大会を開いているのを見ている今は、新型コロナの問題は大したことではないと感じるようになっている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE