, コンテンツにスキップする

ロコス氏のヘッジファンド、昨年はプラス44%-過去最高の運用成績

資産家クリス・ロコス氏のヘッジファンドは昨年、運用成績が約5年前の設立以来で最高となった。昨年は数多くのヘッジファンドが記録的な成績を上げている。

  情報が非公開だとして匿名を条件に語った複数の関係者によれば、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて市場が混乱する中、ロコス氏の145億ドル(約1兆5100億円)規模のマクロファンドの成績はプラス44%。これまでの最高は2016年のプラス20%だった。

  ブルームバーグがまとめたデータによれば、マクロヘッジファンド全体で見た場合、昨年のリターンは平均でプラス7%だった。

  ロコス・キャピタル・マネジメントの広報担当はコメントを控えた。同社の設立は2015年。

2020年のヘッジファンド運用成績 (%)

Andurand Commodities Discretionary Enhanced154
Brevan Howard U.S. Rates Opportunities98.8
Westbeck Energy Opportunity84
Andurand Commodities68.6
Brevan Howard FG Macro Master Fund60.5
Crake Asset Management48
Odey Absolute Return Focus46.2
Rokos Capital44
Odey Special Situations42.8
Brevan Howard Global Volatility Master Fund35.8
Lansdowne Energy Dynamics35
Brevan Howard LB Macro Fund33.1
LF Odey Absolute Return29.1
Brevan Howard Master Fund27.4
Kuvari Partners26.3
Millennium Management25.8
EDL Capital23.4
Brevan Howard Multi Strategy Master Fund21.1
Brevan Howard MB Macro Master Fund17
Brevan Howard Alpha Strategies15.4
Brevan Howard AS Macro Master Fund14.7
The Children’s Investment Fund14
Glen Point Capital main fund14
Elliott Management Corp.12.7
Odey European Inc.-30.5

原題:Chris Rokos’s Macro Hedge Fund Surges 44% in Best Year Ever (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE