, コンテンツにスキップする

英国、EUと金融サービスの当局間協力で今週交渉開始

  • 英国、投資家と消費者の保護を保持したい-首相報道官
  • 金融サービス、昨年12月の通商合意でカバーされず

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

英国は今週、欧州連合(EU)離脱後の金融サービスにおける当局の協力に関してEUと協議を始める。

  ジョンソン英首相とEUが交わした通商合意では金融サービス業界はほぼ後回しにされたが、双方は3月までに監督当局の協力について覚書を取り決めることで合意していた。

  デービース首相報道官は12日、記者団に対し、「金融の安定、市場の統合性、そして投資家と消費者の保護を保持したい」と述べ、「英国は交渉の一環として、金融サービスにおける広範な合意を主張してきた。財務省は今週から始まるEU側との交渉でそれを引き継いでいく」と説明した。

  英国の国内総生産(GDP)のうち金融は約7%を占める。英国のEU離脱移行期間は昨年末で終了し、金融サービスにおける英ロンドンの支配的な地位は危うくなっている。

原題:U.K. to Start Talks With EU on Financial Services This Week (1)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE