, コンテンツにスキップする

UBS、預金者にマイナス金利を転嫁する下限引き下げ-2930万円相当

スイスの銀行UBSグループは、マイナス金利の負担を預金者に転嫁する残高の下限を引き下げる計画だ。予見可能な将来にわたってマイナス金利が続くと見込んでいるため。

  ブルームバーグが確認した行員宛て文書によると、7月から25万スイス・フラン(約2930万円)またはユーロ建てで同額を超える預金を持つ顧客に手数料を課す。これまでの下限は200万フランまたは50万ユーロ(約6300万円)だった。住宅ローンの利用やUBSのファンドへの投資がある顧客は預金手数料が免除される場合がある。

  UBSの広報担当者は文書の内容を確認した。スイスの日刊紙ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングが先にUBSの方針について報じていた。

  欧州ではマイナス金利が5年以上続き、新型コロナウイルス流行によってさらに長引く可能性が増している。UBSの競合、クレディ・スイス・グループも200万フランまたは100万ユーロを超える預金を持つ顧客にマイナス金利を転嫁している。

  文書によると、UBSの手数料は預金が下限額を上回る部分にのみ適用される。また、スイス部門責任者のアクセル・レーマン氏の別の文書によると、同行は新型コロナ流行でインターネットバンキングの需要が増加していることに鑑み、3月までに国内で約40支店を閉鎖する計画。影響を受ける150人の行員は他の部署に配属されるという。

原題:
UBS Lowers Threshold to Charge Depositors for Negative Rates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE