, コンテンツにスキップする

野村、バーレーンとカタールのオフィス閉鎖へ-関係者

  • 顧客にはドバイやロンドンといった大きな拠点からサービス提供
  • 中東で投資銀事業を縮小-20年12月にはサウジから撤退

野村ホールディングスはカタールとバーレーンのオフィスを閉鎖する。中東地域とその顧客のカバーをより大きな金融センターに集中させる一環。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  野村は中東における投資銀行事業を縮小しており、先月はサウジアラビアから撤退した。サウジとバーレーン、カタールの顧客には大きな拠点であるドバイやロンドンからサービスを提供していくと、非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。

野村HD、ドバイの投資銀行業務で人員削減-中東拠点を縮小と関係者

  野村は一昨年から、10億ドル(約1040億円)のコスト削減と海外事業の収益性維持のため世界のホールセール事業を見直している。

  サウジとバーレーン、アラブ首長国連邦、エジプトの4カ国がカタールとの国交回復で合意したことが、野村など金融機関が中東事業を再編しようとする一因になっている可能性もある。

サウジなど4カ国、カタールと国交回復へ-3年間の断交に終止符

原題:
Nomura Follows Saudi Retreat With Plan to Exit Bahrain, Qatar(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE