, コンテンツにスキップする

トランプ氏支持者利用のパーラー、アマゾンを訴え-アクセス遮断受け

  • AWSはパーラ-向けのウェブ管理運用サービスを停止
  • 他者への暴力を扇動するコンテンツがかなり存在するとアマゾン反論

トランプ米大統領を支持する右派勢力が広く利用する会員制交流サイト(SNS)の「パーラー」は11日、アマゾン・ドット・コムがトランプ氏支持者の米議会乱入事件をきっかけにパーラー向けウェブ管理運用サービスを停止したことが独占禁止法(反トラスト法)に違反するとして、アマゾンを相手取り訴訟を起こした。

  アマゾンのクラウド部門アマゾンウェブサービス(AWS)によるサービス停止に伴い、パーラーのサイトへのアクセスが11日朝に遮断された。アップルアルファベット傘下グーグルも週末にパーラーのアプリの配信を停止した。

  パーラーはシアトルのワシントン州西部地区連邦地裁に提出した訴状で、アマゾンの行為は「入院患者の生命維持装置を外すに等しい」とした上で、AWSは「急成長し始めようというまさにそのタイミングで、パーラーのビジネスをつぶそうとしている」と主張し、アカウントの保全をAWSに命じるよう求めた。

  ライバルのSNSが扇動的なコンテンツへの自主規制を強める中で、トランプ氏の支持者の多くがツイッターによる「検閲」を避けるためパーラーに移行し、パーラーへのアクセスが急増していた。

  アマゾンは訴えには根拠がなく、「パーラーには明らかに他者への暴力を助長・扇動するコンテンツがかなり存在し、当社のサービス利用規約に違反するこの種のコンテンツを速やかに特定し削除する能力と意思がパーラーにはない」と反論した。

原題:Parler Sues Amazon Over Removal From Servers After Riot (5)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE