, コンテンツにスキップする

コロナ禍に敏感な債券購入を、景気回復見通しで-ブラックロック

  • 輸送やレジャー、宿泊施設、ゲーム分野が恩恵を受けると予想
  • ジャンク債やレバレッジドローンは記録的な低利回りが追い風に

世界最大の資産運用会社ブラックロックは輸送やレジャーなど、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で最も痛手が大きかった分野への投資を行っている。

  運用資産7兆8000億ドル(約810兆円)のブラックロックはワクチン普及や財政・金融支援、健全な消費者需要が「大幅な利益回復」につながるとして、リスク資産に前向きな姿勢を変えていない。

  こうした状況は新たな投資や複数年にわたる拡大をもたらす可能性が高く、「クレジット資産にとって非常に明るい流れだ」と、ブラックロック・ハイイールド・ボンド・ファンドのポートフォリオマネジャー、デービッド・デルボス、ミッチェル・ガーフィン両氏が8日の電子メールで指摘した。

  同社はコロナ禍でデジタルトランスフォーメーション(DX)やクラウド採用が加速する状況にあってテクノロジー分野、とりわけソフトウエアを引き続き選好。またコロナ流行収束に伴う景気回復で、輸送やレジャー、宿泊施設、ゲーム分野が恩恵を受けると予想しているほか、利回り曲線のスティープ化や経済環境の改善で金融セクターに機会があるともみている。

  さらに、全世界で記録的な低利回りを背景に市場でリターンが追求される状況にあって、ジャンク債やレバレッジドローンには年間を通じた新たな資金フローが追い風になると分析している。

  両氏は「レバレッジドクレジットに関する基本シナリオは1桁台半ばのリターンだ」などと説明した。

原題:
BlackRock Says Buy Covid-Sensitive Bonds on Recovery Prospects(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE