コンテンツにスキップする
Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg
cojp

日本株は小幅続伸、米財政拡大期待で先高懸念-電機や医薬品高い

更新日時
  • 米民主党、トランプ氏の弾劾決議案提出-罷免なければ13日採決へ
  • 米10年債利回り3ベーシスポイント上昇し1.14%-昨年3月以来
A pedestrian stands against an electronic stock board outside a securities firm in Tokyo, Japan, on Monday, Jan. 4, 2021. Asian stocks climbed to a new record, as technology shares remained strong in the first session of 2021.
Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

12日の東京株式相場は小幅に続伸。バイデン次期大統領就任で財政拡大による景気回復や一段の株価先高感から、電機、医薬品、電気・ガスなどを中心に割安株が買われた。

  • TOPIXの終値は前営業日比3.00ポイント(0.2%)高の1857.94
  • 日経平均株価は25円31銭(0.1%)高の2万8164円34銭―1990年8月8日以来の高値

<きょうのポイント>

  • 米民主党、トランプ氏の弾劾決議案提出-罷免なければ13日採決へ
  • 米10年債利回りは3ベーシスポイント上昇し1.14%-昨年3月以来の高水準
  • 菅首相、緊急事態宣言「地域拡大を検討」と表明-大阪など追加へ

  SMBC信託銀行の山口真弘シニアマーケットアナリスト「バイデン次期大統領が財政政策を講じるという話は先週からしており、少し長い目で見た先高感が意識されている」と指摘。「昨年末に成立した約9000億ドル規模の追加経済対策に、さらにもう一段、家計への現金給付2000ドルへの引き上げや中長期のインフラ投資など、民主党優勢のトリプルブルーになったプラスの材料が出てくるという期待感が株価を支えている」と話した。

  この日の日本株は、トランプ大統領の罷免をめぐる米政治混乱による景気不安に加え前週の株価上昇で過熱感から売り先行で始まったが、午前は出遅れてている銘柄などが選好され株価指数は一時上昇に転じる場面もあった。午後も前営業日の終値を挟んでもみ合う展開だった。

  東洋証券の大塚竜太ストラテジストは「先週末にかけて日経平均が1000円以上上昇し、過熱感から利益確定の動きがある一方で、買えていない投資家の押し目買いも入り日経平均2万8000円を固めている」と指摘。米国の政治混乱については「追加経済対策は遅かれ早かれ出てくるので気にする必要はないが、政治が安定しないと経済も安定しない」と話した。

  • 東証33業種では電気・ガス、石油・石炭、空運、医薬品、鉱業、精密機器などが上昇
  • パルプ・紙、証券・商品先物、サービス業、小売業、非鉄金属、海運などが下落
TOPIXの推移
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE