, コンテンツにスキップする

トランプ氏は職にとどまるべきでない-バイデン次期大統領

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

バイデン次期米大統領は11日、先週の連邦議会議事堂乱入を扇動したトランプ大統領は政権の座にとどまるべきではないと述べた。ただ、バイデン政権の優先順位はトランプ氏の弾劾ではなく景気刺激策にあるとしている。

  デラウェア州ウィルミントンで新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を受けたバイデン氏は記者団に対し、「トランプ大統領は職にとどまるべきではない。以上だ」と述べた。

米下院民主党、トランプ大統領の弾劾決議案を提出

原題:
Biden Says Trump Should Not Be in Office After Capitol Riot(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE