, コンテンツにスキップする

英金融サービス界に「ビッグバン2」、スナク財務相が示唆

スナク英財務相は、英国がもはや欧州連合(EU)の規則に左右されることはないとして、故サッチャー元首相が進めた「ビッグバン」のような金融規制改革に再び踏み出すと示唆した。

  スナク氏は11日付英シティA.M.紙のポッドキャストインタビューに応じ、EUを離脱した今は「あらゆることをこれまでとは若干異なるやり方で進めることができる」と発言。サッチャー氏が1980年代に進めた規制緩和が繰り返されるとの見方があることについては「非常に理にかなっている」と語った。

  同氏は「ビッグバンよりさらにさかのぼってシティーの歴史を見ると、シティーは常に革新を起こし、変化する環境に適応して進化し、成功してきた。その結果として繁栄があった」とも述べ、シティーには「ビッグバン2.0と呼ぼうが、それ以外の名前をつけようが」、そうした改革を進める基盤があると主張した。

原題:Sunak Sees Big Bang 2 for U.K. Financial Services Industry (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE