, コンテンツにスキップする
Photographer: Oliver Bunic/Bloomberg
cojp

ファイザーとビオンテック、ワクチン生産目標を20億回分に引き上げ

Vials of the Pfizer-BioNTech Covid-19 vaccine at the University Children's Clinic in Belgrade, Serbia, on Sunday, Jan. 10, 2021. Russian Direct Investment Fund (RDIF) signed an agreement with Serbian government to supply 2 million doses of Sputnik V Covid-19 vaccine, RDIF says in statement.
Photographer: Oliver Bunic/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ファイザーと独ビオンテックは今年の新型コロナウイルスワクチン生産目標を20億回分に引き上げた。世界各地で急速に注文が増えており、生産能力を増強して対応する。

  ビオンテックは11日発表の資料で、両社が既に目標生産能力の半分強について取り組んでいると説明。新たな生産目標は従来目標(年内に13億回分)を50%余り上回る。また1本の容器から接種できる容量を従来の5回分から6回分に引き上げたことを、ラベルに明記する。

  発表によれば、ドイツのマールブルクに新設された生産施設が2月末までに稼働を開始する見通し。同施設での生産量は年間最大7億5000万回分に上る。

原題:Pfizer, BioNTech Boost Vaccine Goal More Than 50% to 2 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE