, コンテンツにスキップする

米国がETF承認ならビットコイン価格は下落の恐れ-JPモルガン

  • ビットコインETFが認可された場合の影響について考察
  • 仮想通貨ファンド大手グレースケールの資金流出やプレミアム低下も

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインを裏付けとした上場投資信託(ETF)を米国が認可した場合、短期的にビットコインに売り圧力がかかる可能性がある。米JPモルガン・チェースが指摘した。

  ビットコインETFの競争によって、上場する仮想通貨ファンドの最大手グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)から資金が流出する恐れがあるためだという。ビットコインETFはグレースケールの事実上の独占を失わせ、純資産総額(NAV)に対するプレミアム低下と資金流出を招き、最終的にビットコイン価格が打撃を受けるだろうと、ニコラオス・パニギリツオグル氏らストラテジストがリポートで述べた。

ビットコインETFの夢あきらめず、ヴァンエックがSECに申請

  同ストラテジストらは、「GBTCから資金流出が相次ぎ、プレミアムが剥げ落ちた場合、GBTCの資金の流れや示唆される重要性を考えると、短期的にビットコインに悪影響を与える可能性は高い」と指摘した。

原題:JPMorgan Strategists Say U.S. ETF Could Sap Bitcoin Price (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE