コンテンツにスキップする

中国、アリババ独禁調査に関する国内メディアの報道を検閲-関係者

  • 公式見解に厳格に従うよう報道機関に命令-馬氏報道についても適用
  • 独自報道や詳細な分析、許可を得ずに独自の結論を報じることも禁止
The discussions involving Alibaba and Tencent focus in part on how such a move might affect capital markets.
The discussions involving Alibaba and Tencent focus in part on how such a move might affect capital markets. Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
The discussions involving Alibaba and Tencent focus in part on how such a move might affect capital markets.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

中国最大級の企業アリババグループの独占禁止に絡む調査を巡り臆測が広がる中で、中国政府はアリババ調査の報道制限を国内メディアに命じた。事情を直接知る複数の関係者が明らかにした。

  政府の宣伝工作部門は昨年末に向け出した指示で、アリババの独禁調査に関する公式見解に厳格に従うよう報道機関に命令するとともに、独自報道や詳細な分析、許可を得ずに独自の結論を報じることを禁止した。こうした報道制限はアリババ共同創業者の馬雲(ジャック・マー)氏についても適用される。命令が公表されていないことを理由に、関係者は匿名で語った。

  中央当局は政府の政策目標を前進させるため、定期的にプロパガンダ関連の指令や指針を国内の報道機関に伝えている。

  アリババ報道規制の指示については、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が先に報じていた。アリババにコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

原題:China Is Said to Censor Local Media Coverage of Alibaba Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE