コンテンツにスキップする

新型コロナの新たな変異種を検出、ブラジル北部から到着の4人

更新日時
  • 10ー40歳代の男女で羽田空港の検疫で陽性判明、1人は入院-読売
  • 英国や南アの変異種と共通点あるも異なる新たなものと感染研所長

国立感染症研究所は10日、今月2日にブラジルから到着した渡航者4人から新型コロナウイルスの新規変異種を検出したと発表した。遺伝子の配列に関する情報に限られており、感染性や病原性、検査法やワクチンへの影響等は現時点では判断が困難という。

  読売新聞電子版によると、ブラジル北部に滞在していた10-40歳代の男女で、羽田空港での検疫で陽性と判明した。1人を除き、発熱やのどの痛みなどの症状があり、1人は入院しているという。国立感染研の脇田隆字所長は、新たな変異種は、英国や南アフリカで見つかった変異種と共通点があるものの「異なる新たなものが見つかったととらえている。今後、その性質を検証していく」との見方を示した。

  また、厚生労働省によると10日、東京都内に住む20歳代の男女3人から、10日までに英国の変異種が見つかった。このうち2人は英国への渡航歴がなく、英国に滞在歴のある感染者の濃厚接触者だった。

(2段落目以降に詳細を追加し更新します。)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE