, コンテンツにスキップする

米国、台湾との接触で自主規制撤廃-ポンペオ国務長官

ポンペオ米国務長官は9日、米国の外交官や他の当局者の台湾との接触で「自主規制」を撤廃すると発表した。今回の動きで「1つの中国政策」を巡り米中の緊張が一段と強まる可能性が強い。

  同長官は「国務省は数十年間にわたり外交官や軍人、他の当局者の台湾側との意思疎通で複雑な内部の規制を作り出してきた」が、規制は「もはや存在しない」との声明を公表した。

  ポンペオ長官は米政府が従来「中国の共産党政権をなだめるために」台湾に関して行動を取ってきたと指摘。米国の各行政機関は今後、国務省がこれまでに出してきた台湾との関係に関する全ての「接触のガイドライン」を無効と判断すべきだと述べた。

原題:
U.S. Ends Restrictions on Diplomats Over Taiwan, Pompeo Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE