, コンテンツにスキップする

ゴールドマンの商品事業、トレーディング収入20億ドルでカムバック

ゴールドマン・サックス・グループでは昨年、商品トレーディング事業の収入が倍増した。市場が落ち着きを取り戻す中でも、ウォール街が年末にかけて利益を生み出せたことがあらためて浮き彫りになった。

  ゴールドマン商品部門の収入は20億ドル(約2070億円)余りと、年間としては約10年ぶりの高水準。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。かつてゴールドマンが「ウォール街の製油業者」との異名をとるほど、商品部門は好調な時期もあったが、近年は不振が続き、将来を疑問視する声も聞かれ始めていた。

  ゴールドマンの広報担当メーブ・デュバリー氏は資料で、「昨年は過去に例を見ないボラティリティーの中、当社は顧客を支援し、売買を成立させ、流動性と融資、リスク管理のソリューションを提供した」と説明した。

  商品投資は長年不振が続いたが、このところ再び投資資金が戻りつつある。ゴールドマンのアナリストらは、2000年代に中国が主導した活況や1970年代の原油価格高騰に匹敵する新たな商品強気相場を見込んでいる。

  昨年の収入増に特に寄与したのは原油だった。一時は価格がマイナスに落ち込んだが、その後回復し、年末の2カ月で35%上昇した。

原題:Goldman Traders Score $2 Billion in Commodities’ Comeback Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE