, コンテンツにスキップする

コメルツ銀、新たに2670億円の特別損失-コロナ禍で不良債権引き当て

  • 低金利と2回目のロックダウンが打撃-コメルツ銀
  • クノッフ新CEO、1-3月に抜本的な経営再建計画を発表へ

ドイツのコメルツ銀行は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で金利が圧迫され、不良債権が膨らんだとして、昨年10-12月(第4四半期)決算で新たに21億ユーロ(約2670億円)の特別損失が生じたと明らかにした。

  8日の発表によると、のれん代で15億ユーロの減損が発生するほか、2回目となったロックダウン(都市封鎖)の影響で不良債権の増加が見込まれるため約6億3000万ユーロを引き当てる。これとは別に同行は昨年12月、人員削減に絡み6億1000万ユーロの費用を計上すると明らかにしていた。

  今月就任したマンフレッド・クノッフ新最高経営責任者(CEO)は、抜本的な経営再建計画を準備している。同氏は新たに監査役会会長に就いたハンスイェルク・フェッター氏と、約1万人の人員削減を視野により踏み込んだコスト削減計画を練り上げていると、ブルームバーグは昨年末に報じた。

原題:Commerzbank Takes Additional $2.6 Billion Hit From Pandemic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE