, コンテンツにスキップする

TSMC、10-12月売上高は過去最高-5G対応iPhoneの需要好調

  • 10-12月売上高は3615億台湾ドル、20年は25%増の1.34兆台湾ドル
  • TSMC株は最高値更新、過去1年で70%余り上昇-台北市場

半導体の受託生産最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の昨年10-12月(第4四半期)の売上高は四半期ベースで過去最高となったことがブルームバーグの集計で明らかになった。米アップルの第5世代移動通信(5G)対応の新型「iPhone(アイフォーン)」への旺盛な需要を示唆している。

  TSMCが8日発表した昨年12月の売上高は1174億台湾ドル(約4400億円)。先に発表された月間売上高を基にブルームバーグ・ニュースが集計したところでは、10-12月期の売上高は過去最高の3615億台湾ドルに達した。ただ、市場予想の3640億台湾ドルにはわずかに届かなかった。

  同日の台北市場でTSMC株は過去最高値を更新。過去1年で70%余り上げている。

  2020年通年の売上高は1兆3400億台湾ドルと、前年比で約25%増えた。TSMCは14日に10-12月期決算を発表する予定。

原題:
TSMC’s Quarterly Revenue Hits Record on Strong iPhone Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE